ABOUT US 当事務所について

個々の状況に合わせて
迅速かつ親切丁寧に手続きを進めます

当事務所では、主にビザ(在留資格)取得のための申請手続きを行っています。
外国人が日本で合法的に滞在するためには在留資格が必要になりますが、その種類だけでもおよそ30種類あります。

「外国人を雇用したためビザを取得したい」「国際結婚したため、配偶者を日本に呼びたい」など、ご依頼者様の状況に合わせて専門家が最適な在留資格をご提案し、スピーディーかつ親切丁寧に、入国後のアフターフォローまで全力でサポートいたします。

FEATURE 2つの特徴

専門家がビザ申請を一貫サポート
精神的・身体的な負担を軽減します

FEATURE 01 専門家がビザ申請を一貫サポート
精神的・身体的な負担を軽減します

ご自身でもビザ申請をすることは可能です。しかし、申請までの手続きをすべてご自身で行う場合、ネットで調べて書類を用意するだけでも相当な時間と手間がかかります。
また、平日のみ開庁しており常に混雑している入国管理庁では、書類を提出するだけでも数時間かかってしまいます。
不許可になった際の理由の確認や再申請も自分で行わなければならないと考えると、ハードルはかなり高いと言わざるを得ません。

当事務所では、ビザ申請の豊富な実績を持つ行政書士が、書類の作成から入国管理局への提出までを一貫サポートしています。行政書士にご依頼いただければ、お客様の手間も最小限におさえられます。さらに、申請が許可される確率も格段に上がります。

精神的・身体的な負担を軽減して時間を有効活用していただくためにも、複雑な手続きを要するビザ申請のことは、私たち専門家におまかせください。
入国後の安心を守る
アフターフォローの体制を整えています

FEATURE 02 入国後の安心を守る
アフターフォローの体制を整えています

在留資格を取得した後、無事に来日できても手続きは終わりではありません。例えば、新規入国をした場合、入国後14日以内に市区町村の窓口で住居地(転入)届をしなければなりません。

来日した外国人が日本語や英語をまったく話すことができない場合、誰かが同行して、通訳や提出する書類の翻訳をする必要があります。

当事務所では、ビザの取得=ゴールとは考えておりません。その後の日本での生活を安心して送れるよう、行政書士という専門家ならではの知識やノウハウを生かして個々のニーズに沿ったサポートを提供いたします。

PROFILE 所長プロフィール

大野 雅人

所長 大野 雅人 MASATO ONO

経歴
大学を卒業後、国内のホテルで数年間勤務したのち、ホテル経営学を学ぶためにスイスへ留学。
海外の5つ星ホテルでゲストリレーションマネージャー、香港のレストランでアシスタントマネージャーを務めたのち、行政書士事務所を開設するため帰国。
2019年8月に「行政書士事務所 CO-Nexion」を開業し、現在に至る。
所属
東京都行政書士会
当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。
2019年に開業して以来、法人のみならず個人のお客様にもたくさんのご相談・ご依頼をいただきサポートを行ってまいりました。

私自身、海外で就労した経験があります。その際、現地採用のビザ問題について、常に頭を抱えていました。また、現地で生活するためには、役所等に出向かなければならないケースも多く、非常に多くの時間や手間がかかっていました。
こうした経験から、当事務所では「ビザを取得したら終わり」ではなく、日本でどのように滞在していくのかをしっかりと検討し、「ビザ取得後の日本での暮らし」を考えた適切なアドバイスも提供できるよう努めています。